便秘とは

便秘とは

悩んでいる方が実に多い便秘ですが、実際便秘と呼ばれるのはどういう状態のことでしょうか?便秘とは、便が腸内に異常期間滞在し、排便がきちんとされない状態のことを呼びます。医学的には3日間の排便がない、あるいは1日1回の排便があるにも関わらず、残便感が残る状態のことを便秘と呼びます。

 

またお腹が張ったように感じる腹部膨満感、排便の直後にも関わらず残便感がある、すっきりしない、腹部に不快感がある,キリキリ痛む、腹痛を伴うことも便秘の症状の一つです。いずれにせよ本人が便秘と自覚した時が便秘の状態であると言えるでしょう。

 

排便については大きな個人差がありますので、環境や食事内容、食事量によっても自分が便秘である認識する人と、そうでない人に分かれます。自覚する人の症状もそれぞれ違います。日本人は外国人に比べて腸が長いので、便秘に悩まされている人が多い人種です。特に、男性より女性に多いのが特徴です。

 

女性は生理や妊娠、出産などでホルモンバランスが変化することにより、男性より便秘をしやすくなります。また、骨盤の広さや大腸近くに子宮があるという身体的特徴からも便秘になりやすいです。

 

その他、社会的に男性より女性の方がトイレに行くことを恥ずかしいと感じ、便意が起きても我慢すること方が多いことも女性に便秘が多い理由のようです。便秘はとても身近で一般的な病気ですが、実は「万病の元」とも呼ばれる怖い病気です。