太陽光発電の売電と買電で収入アップ

太陽光発電の売電と買電で収入アップ

電気を売却したり、購入することが可能になる太陽光発電システムを、自宅に導入したいとお考えですか?電気を売却することは「売電」と言い、電気を購入することは「買電」と言っています。日中に太陽光エネルギーの下で発電した電気は、自宅の電力として使えるため、電気代は発生しません。

 

さらに、日中に発電した電力を使い切れずに余った場合は、電力会社に売却することが可能なのです。面倒な手続きや何か特別な操作をする必要が発生するのではないかと、お思いでしょうか。

 

特別な操作は不要で、自動的に電力会社から売却しただけの電気代が利用者の口座に振り込まれる形になります。売却価格はどのくらいか気になるところですが、日頃使用している電力会社の請求金額とほぼ同額です。太陽光発電の弱点は、夜間などに発電を行えないことです。

 

そのときには、電力会社から電力を購入して使用します。時間帯別電灯契約を電力会社と交わすことで、電気代を安く抑えることができます。売電による収入をアップさせたいときには、できるだけ多量の電気を発電する太陽光発電システムを導入する必要があります。

 

太陽光発電システムも様々で、変換効率に優れたシステムを導入すると、売電収入の増加につながるでしょう。売電による収入を増やすには、日中に発電した電気の使用を控えるのも有効です。使用しない家電製品のプラグをこまめに抜いたり、省エネ性能に優れた家電製品に買い替えることで、売電収入の増加を見込めます。

 

日中は自宅であまり過ごさないというご家庭なら、発電した電力をほぼ売電することができます。当然、売電による収入は多くなりますね。