不妊とクラミジア感染症

不妊とクラミジア感染症

不妊をもたらすだけでなく、妊娠した後にまで厄介なことなる病気としてクラミジア感染症があります。クラミジア感染症とは、クラミジア・トラコマティスという細菌が子宮口(子宮の入り口)より侵入して感染すると生じる病気です。

 

細菌が子宮口より侵入し子宮頸管炎となってしまっても、おりものが少し増えたとか、不正出血といった症状が出るならまだ良い方で、ほとんどの場合は自覚症状すらないので早期の発見が困難です。そのため、気がつけば子宮頸管よりさらに侵入し、子宮、卵管を経由して、お腹の中で感染(子宮附属器炎、骨盤腹膜炎)を起こしてしまっていることもあります。

 

卵管や卵管采(卵管の先端)が炎症でつまったり、卵管が通っていても、卵管や卵巣周囲にフィルム膜様の癒着をつくり、卵管性不妊(卵管通過障害)を生じさせる原因となってしまいます。子宮附属器炎や骨盤腹膜炎では、症状として月経痛以外の下腹部痛が起こります。また右側の上腹部痛が起こる場合もあり、クラミジアによる肝臓周囲炎(フィッツ-ヒュウ-カーティス症候群)という病気に派生することもあります。

 

感染に気づかずに妊娠した場合は、流産させてしまったり、出産時の産道感染により、赤ちゃんの目や肺に感染し、結膜炎や肺炎を起こす原因となってしまいます。このクラミジア感染の検査方法には、採血によって血液中のクラミジア抗体を調べる抗体検査と、子宮頸管内の擦過でクラミジアの抗原を調べる抗原検査とが大きく分けてあります。。

 

抗原検査は、今現在、子宮頸管に感染しているかどうかを調べる検査です。クラミジア抗体は過去にクラミジアに感染したことがあるかどうかを判別し、もし陽性であれば、お腹の中の癒着や、卵管の通過障害がある可能性があるということになります。

 

クラミジア感染を治療する場合、抗原検査で陽性という結果であれば抗菌薬の投与で治療します。ただし、クラミジアは性感染症のひとつといわれておりますので、パートナーである男性も一緒に治療することが必須となっていますので、パートナーにも一緒に来てもらうようにしましょう。

 

また、不妊症の初診時検査として採血による血液中のクラミジア抗体を調べることが一般的です。もしこの時クラミジア抗体が陽性であれば、過去のクラミジア感染を反映し、卵管や卵管采(卵管の先端)が炎症によりつまっていたり、卵管が通っていても、卵管や卵巣周囲にフィルム膜様の癒着をつくり、卵管性不妊(卵管通過障害)の存在がある可能性があるため、まずはそれを治療することを考えます。

 

ただし、クラミジア抗体が陽性だといっても、すべての方が、卵管性不妊というわけではありません。陽性の反応だった人が自然妊娠するケースも多くあります。クラミジア抗体が陽性であれば、早めに子宮卵管造影(HSG)を行い、卵管の通過性やお腹の中の癒着を確認し、状態を見ながら先の治療や不妊治療の計画を立てます。

 

子宮卵管造影(HSG)で卵管の通過性が良好な場合には、一般の不妊治療から始めていくことが多いです。もしも卵管の通過性が悪かったりお腹の中の癒着が疑われた場合は腹腔鏡検査を行うと状況がはっきりとわかります。この腹腔鏡検査により、卵管周辺の状態が直接観察され、軽度の癒着があれば、腹腔鏡下に癒着剥離を行えば自然妊娠も期待することができます。

 

高度な癒着があり、卵管の通過性の回復は難しいと判断された場合は、早期にIVFやICSIへとステップアップして治療に取り組むことになります。患者の年齢や不妊期間、過去の治療経過によっては、IVFやICSIを優先する方が有利である場合もあるので、基本的には医師と相談しながら、どのような方法が効果があるのかを考えていくことになります。自分だけの問題ではないので、パートナーともしっかり相談しながら進めていきましょう。