不妊に良いサプリメント比較【完全版】

不妊に良いサプリメント比較【完全版】

基礎体温を知り不妊を疑う

 

不妊症の疑いがない場合でも、女性が基礎体温を測っておくのは大切なことです。毎月生理が正常に来ている女性でも、生理=排卵ではないのです。排卵がきちんとあるかどうかは、基礎体温を測ることによって簡単にわかります。

 

生理があっても排卵がなかった場合は、無排卵性月経といわれます。不妊の原因の一つである、卵巣機能不全が疑われるのです。排卵がないということは、精子と結びつく卵子ができないということですから、妊娠はできません。正常に排卵がある女性の場合、28日周期で基礎体温に変化が現れます。生理が始まった日から14日間は低温期を示し、排卵日を境にして0.3〜0.5℃体温が上昇するのです。

 

プラスマイナス2日くらいの誤差は、問題ありません。高温期から再び体温が低下すると、生理が始まります。規則正しく排卵がある場合には、毎月このような一定のリズムが刻まれるのです。これが、二相性があるグラフということになります。

 

生理不順の女性の基礎体温では、グラフがガタガタとして乱れています。高温期と低温期の二相を示さず、仮に二相を示していても低温期が長すぎたり高温期が短すぎたりするなどの乱れがあるのです。

 

この状態は、排卵がなく、ホルモンの分泌異常があるなどの問題を抱えている可能性があります。不妊の状態といえますから、日頃から基礎体温を測って自分が妊娠できる状態か否かを知っておくことは大切なのです。

 

不妊の原因の黄体機能不全とは

 

黄体機能不全は、不妊症の原因の一つといわれるものです。卵巣にある卵胞は、排卵した後に黄体からホルモンを分泌します。このホルモンの値が低いと、子宮内膜が受精卵を着床させやすい厚さまで成長できないのです。そのため、不妊となってしまうことがあります。

 

黄体機能不全かどうかを診断するには、生理周期の高温期が9日以内かどうかがポイントとなってきます。また、高温期と低温期の体温の差が0.3℃以内、子宮内膜の厚みが8mm以内でプロゲステロンの数値が10ng/ml未満であることも診断の基準になります。不妊治療の際には、基礎体温が重要なデータとなります。グラフの高温期が短いときや、高温期と低温期の差がハッキリしないときには、黄体機能不全が疑われるのです。

 

黄体機能不全の原因として、FSHと呼ばれる卵胞刺激ホルモンの分泌低下が挙げられます。LHと呼ばれる、黄体形成ホルモンの分泌低下、子宮内膜の感受性の低下なども考えられます。黄体機能不全の治療では、卵胞期に排卵誘発剤のクロミッドを服用する方法があります。黄体期に、ルトラールと呼ばれる黄体ホルモンやHCGが投与されることもあります。

 

排卵すれば妊娠するとは限らず、良質な卵子を育てることも大事なのです。そのためには、栄養バランスのとれた食事や規則正しい生活を重視し、身体を冷やさないようにすることも必要です。ストレスをためこまないようにすることも、忘れないでください。